「そして死に支配させはしない」(ディラン・トマス)


    そして死に支配させはしない


                     ディラン・トマス

                         南原充士 訳


そして死に支配させはしない

裸の死者 かれらを風と西の月の中にいる人間と同じにする

かれらの骨がきれいに拾われて きれいな骨がなくなったとき、

かれらの肘と足に星たちを付けてやろう

かれらの気が狂ったとしても 正気に戻してやろう

かれらが海に沈んでもふたたび浮かび上がらせてやろう

恋人たちが失われても愛は失われない

そして死に支配させはしない


そして死に支配させはしない

海のうねりの下で

長く横たわっているかれらを風にさらされて死なせることはしない

筋肉が壊れるとき棚の上でねじれて

車輪に巻き込まれても なおかれらは壊れない

かれらの手の中の忠誠は二つに裂け

そして一角獣の悪魔たちがかれらを走り抜ける

すべてが分裂してもかれらは割れることはない

そして死に支配させはしない


そして死に支配させはしない

カモメがかれらの耳に鳴きかけることはもうあるまい

あるいは波が岸辺で音を立てて砕けることもあるまい

風に吹かれるところでは

花は吹き付ける雨に対して頭をもたげることはない

かれらの気が狂い釘のように死んでいても

先頭の文字たちはヒナギクの花を叩きながら通り抜ける

太陽が滅びるまで太陽に侵入せよ

そして死に支配させはしない



  And Death Shall Have No Dominion


- Poem by Dylan Thomas


And death shall have no dominion.
Dead man naked they shall be one
With the man in the wind and the west moon;
When their bones are picked clean and the clean bones gone,
They shall have stars at elbow and foot;
Though they go mad they shall be sane,
Though they sink through the sea they shall rise again;
Though lovers be lost love shall not;
And death shall have no dominion.

And death shall have no dominion.
Under the windings of the sea
They lying long shall not die windily;
Twisting on racks when sinews give way,
Strapped to a wheel, yet they shall not break;
Faith in their hands shall snap in two,
And the unicorn evils run them through;
Split all ends up they shan't crack;
And death shall have no dominion.

And death shall have no dominion.
No more may gulls cry at their ears
Or waves break loud on the seashores;
Where blew a flower may a flower no more
Lift its head to the blows of the rain;
Though they be mad and dead as nails,
Heads of the characters hammer through daisies;
Break in the sun till the sun breaks down,
And death shall have no dominion.


[PR]
by nambara14 | 2016-08-05 11:19 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)