人気ブログランキング |

ディラン・トマスの英詩について

 

    ディラン・トマス英詩について


 英語の詩をそれほど多く読んだわけではないが、若いころいくつかの英語の詩集を手に取ったなかでは、ディラン・トマスが心に残っていた。

 何十年も経って、最近ふとしたことから、ディラン・トマスの詩を翻訳してみようと思い立った。
 彼は1914年生まれで1953年没とあるから、活躍したのはずいぶん前のことになる。

 しかし、今読んでも「現代詩」のようなインパクトを感じることができる。

 言葉の使い方が独特でイメージもとらえにくいので、翻訳するのは容易ではないが、不思議な魅力があるから、挑戦してみたくなるのだろう。

 とりあえず10篇訳してみたが、あと数篇で一区切りをつけようと考えている。

[ディラン・トマスの詩の和訳は、とりあえず以下の10篇です]

 
1. 緑のヒューズを通って花を咲かせる力が
2. 十月の風が傷めつけるときはとりわけ
...
3. 愛の最初の熱狂から疫病へ
4. はじめに
5. おれは眠りと仲良くなった
6. おれは自分の起源の夢を見た
7. 複雑なイメージの中でおれは
8. あなたはおれの父親になってくれませんか?
9.じっと待て、カッコーの月のこれら古代の分よ
10. その文書に署名をした手は


 お読みになった方がいらっしゃったら、ぜひ感想やご意見をお寄せいただきたい。

 よろしくお願いいたします。

なお、ディラン・トマスについては、こちらをご覧ください。

 →ディラン・トマス

 

                              平成28年7月

                                南原充士

by nambara14 | 2016-07-22 13:20 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)