人気ブログランキング |

愛の最初の熱狂から疫病へ(ディラン・トマス)


    愛の最初の熱狂から疫病へ

                   
                    
ディラン・トマス

                        南原充士 訳

愛の最初の熱狂から疫病へ、やわらかな秒から

そして子宮の空虚な分へ

開きはじめからハサミで切られた羊膜へ

胸のための時とエプロンの年齢へ

いかなる口も飢饉をかき混ぜることがなかったとき

全世界はひとつだった、ひとつの風の吹く無だった

おれの世界はミルクの流れの中で洗礼を受けた

そして地と空はひとつのふわふわした丘のようだった

太陽と月はひとつの白い光を投げかけた

裸足でつける最初の足跡、挙げられる手、

生え始める髪から

心臓の最初の秘密、警告を発する亡霊から

そして肉体への最初の言葉にならない驚きへ

太陽は赤かった、月はグレーだった

陸地と空とは二つの山の出会いのようだった

体はよく成長した、髄を持った歯茎の中の歯、

伸びる骨、神聖な腺の中の精子の噂、血液は心臓を祝福した

そして長い間一つの風だった四つの風が

おれの耳の中へ音の光を照らしつけ

おれの目の中へ光の音を呼び寄せる

そして増殖する砂は黄色だった

金色の穀物はそれぞれその仲間に命を吹き込んだ

歌の家は緑色をしていた

おれの母が摘んだ梅はゆっくりと熟した

彼女がかたわらの闇から光の膝へと産み落とした男児は

たくましく成長し、筋肉がついて、マットに包まれ、叫びを上げる腿や

空腹の声のような 風と太陽の騒音に悩まされる声に気づいた

そして肉体の最初の堕落からおれは人間の言葉を学んで

思考の形をひねって脳の石のようなイディオムにし、

月影のない地所で言葉のぬくもりを必要としない死者たちによって

置き去りにされた言葉たちに新たに陰影をつけ編集を加えた

舌の根は衰えたがんにつながる

蛆虫がそのXを持つところでは、それは単なる名前に過ぎないのだが

おれは意志の動詞を学んだ そして自分の秘密を持った

夜の暗号がおれの舌を叩いた

一つだったものが多くの鳴り響きたがるものになった

ひとつの子宮、ひとつの心がその物質から吐き出された

ひとつの胸が発熱に乳を与えた

分かれていく空からおれは二つということを

回転して二十になった二つのフレームを持つ球体のことを学んだ

百万の心が おれの目にフォークを突き刺すようなつぼみに乳を飲ませた

若さは凝縮した 春の涙は

夏にそして百の季節に溶け込んだ

ひとつの太陽、ひとつのマンナが、暖めそして供せられた



From Love's First Fever To Her Plague

- Poem by Dylan Thomas




From love's first fever to her plague, from the soft second
And to the hollow minute of the womb,
From the unfolding to the scissored caul,
The time for breast and the green apron age
When no mouth stirred about the hanging famine,
All world was one, one windy nothing,
My world was christened in a stream of milk.
And earth and sky were as one airy hill.
The sun and mood shed one white light.

From the first print of the unshodden foot, the lifting
Hand, the breaking of the hair,
From the first scent of the heart, the warning ghost,
And to the first dumb wonder at the flesh,
The sun was red, the moon was grey,
The earth and sky were as two mountains meeting.

The body prospered, teeth in the marrowed gums,
The growing bones, the rumour of the manseed
Within the hallowed gland, blood blessed the heart,
And the four winds, that had long blown as one,
Shone in my ears the light of sound,
Called in my eyes the sound of light.
And yellow was the multiplying sand,
Each golden grain spat life into its fellow,
Green was the singing house.

The plum my mother picked matured slowly,
The boy she dropped from darkness at her side
Into the sided lap of light grew strong,
Was muscled, matted, wise to the crying thigh,
And to the voice that, like a voice of hunger,
Itched in the noise of wind and sun.

And from the first declension of the flesh
I learnt man's tongue, to twist the shapes of thoughts
Into the stony idiom of the brain,
To shade and knit anew the patch of words
Left by the dead who, in their moonless acre,
Need no word's warmth.
The root of tongues ends in a spentout cancer,
That but a name, where maggots have their X.

I learnt the verbs of will, and had my secret;
The code of night tapped on my tongue;
What had been one was many sounding minded.

One womb, one mind, spewed out the matter,
One breast gave suck the fever's issue;
From the divorcing sky I learnt the double,
The two-framed globe that spun into a score;
A million minds gave suck to such a bud
As forks my eye;
Youth did condense; the tears of spring
Dissolved in summer and the hundred seasons;
One sun, one manna, warmed and fed.


by nambara14 | 2016-06-12 10:01 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)