人気ブログランキング |

緑のヒューズを通って花を咲かせる力が(ディラン・トマス)



    
   緑の導火線を通って花を咲かせる力が



                    ディラン・トマス

                                   南原充士 訳


緑の導火線を通って花を咲かせる力が

おれの青臭さをけしかける

木々の根っこを枯らす力は

おれの破壊者だ

そしておれは愚かにもねじくれた薔薇に

おれの若さは同じ冬の発熱でねじ曲げられると告げてしまう


岩々の中へと水を染み込ませる力は

おれの真っ赤な血をたぎらせる

お喋りな流れを枯れさせる力は

おれの血を蝋にしてしまう

そしておれは愚かにもおれの静脈に

どのように山の泉で同じ口が水を吸い込むかを告げてしまう


水たまりの水をかき回す手は

流砂をかき回す

吹く風を縛り付ける手は

おれのシュラウドの帆を引っ張る

そしておれは愚かにも絞首刑を受ける者に

絞首刑執行人の石灰がおれの体からどのように作られるかを告げてしまう


時の唇がヒルのように水源に吸い付く

愛が滴って集まる だがこぼれた血は

彼女の痛みを和らげるだろう

そしておれは愚かにも吹き荒れる風に

どのように時が星空を巡る天国に刻まれるのかを告げてしまう


そしておれは愚かにも恋人の墓に

同じねじくれた虫がどのようにおれのシーツの上を這うのかを告げてしまう


The Force That Through The Green FuseDrives The Flower

            - Poem by Dylan Thomas

The force that through the green fuse drives the flower
Drives my green age; that blasts the roots of trees
Is my destroyer.
And I am dumb to tell the crooked rose
My youth is bent by the same wintry fever.

The force that drives the water through the rocks
Drives my red blood; that dries the mouthing streams
Turns mine to wax.
And I am dumb to mouth unto my veins
How at the mountain spring the same mouth sucks.

The hand that whirls the water in the pool
Stirs the quicksand; that ropes the blowing wind
Hauls my shroud sail.
And I am dumb to tell the hanging man
How of my clay is made the hangman's lime.

The lips of time leech to the fountain head;
Love drips and gathers, but the fallen blood
Shall calm her sores.
And I am dumb to tell a weather's wind
How time has ticked a heaven round the stars.

And I am dumb to tell the lover's tomb
How at my sheet goes the same crooked worm.



  



by nambara14 | 2016-06-05 17:43 | 翻訳詩(ディラン・トマスほか) | Comments(0)