良心


いつまでも どこまでも行く 旅にあれば ここらでしばし 道草を食う

嵐過ぎ 地震津波を 越え来れば 晴れたる空にも 遠雷聞こゆ

ふてくされ ねころぶ野辺に 吹く風よ 人のこころを なだめすかせよ



[PR]
by nambara14 | 2016-05-04 18:13 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)