人気ブログランキング |

どこに行っても


どこに行ってもひとひとひと
あるひとがとつぜん振り向いて走り出す
大きなからだをした若者が猛烈な勢いで走るので
ぶつかったりはじきとばされたりするひとがあいつぐ
悲鳴の中から若者を非難する声が上がったころには
若者の姿はとっくに見えなくなっている

どこに行ってもはとはとはと
平和の象徴にしてはみすぼらしい姿で
よちよちと草むらの上を歩く
スズメに対しては遠慮がないが
カラスがいるとちょっとびびる感じだ
飛び立つと見違えるように颯爽とする

どこに行ってもかねかねかね
地獄の沙汰も乗り切って
この世を望月と思うほど
かねとちからがものをいう
没落したお大尽なんかが
名誉を守るのも楽じゃない

どこに行ってもはかはかはか
こんなにたくさんのひとがいたのか
名も知れず素性もしらないひとびとの
今はない顔や姿や声付きを想像する
だれしも行き着く先の先例が
こんなにもひしめいて並んでいる


by nambara14 | 2016-02-05 11:32 | 新作詩歌(平成28年) | Comments(0)