人気ブログランキング |

城戸朱理氏「詩の遠景近景」(毎日新聞)


 昨日(H27年 8月25日)、毎日新聞夕刊の「詩の遠景近景」で、城戸朱理氏が、拙詩集『思い出せない日の翌日』について触れてくれた。ありがたいことだ。

  (抜粋)

  南原充士『思い出せない日の翌日』は、夢と現実、記憶と現在が侵犯する世界をのぞかせる。
 「近所の子供たちが話している言葉がわからない/(中略)/なにかがおかしいのか聴力とか脳波
 とか体調とか/(中略)/日本語によりそった一日を過ごして帰宅する/公園で遊んでいる子供
 たちの姿はいつも通りだ/家族に今朝の奇妙な経験を告げようとして/自分の言葉が理解でき
 なくなっていることに気が付く」
  平明でありながら、言葉や母語についてラディカルな問いを突きつける。



by nambara14 | 2015-08-26 12:48 | 詩集「思い出せない日の翌日」 | Comments(0)