人気ブログランキング |

わっはっは

このあたりはいく筋もの支流が合流するうえ
雨季には増水が進んでときには洪水が起きる
人家はいたるところに建っており不揃いで不安定な集落も目立つ
過去には土砂の急襲により河畔地帯は崩壊を繰り返してきたらしい
笑いを忘れたひとびとの顔には深い皺が刻まれている
乾季には干上がった流域を彷徨ってなんとか水を探し出す
追われるような季節の中のまたたくまの日々を
数える余裕もなくその日ぐらしに寝起きを繰り返す
かつかつ以下の衣食住とも言えないぎりぎりの生活に
表情のない顔つきばかりが幽霊のように宙に浮かぶ
たとえこのかたちの定まらぬ地形が年毎に変貌を遂げても
似たような顔つきをしたひとびとがこれからも住み続けるだろう
できることなら年に一度の祭りの時ぐらいは
腹から笑ってみせて欲しいものだ
by nambara14 | 2014-06-04 20:02 | 新作詩歌(平成26年) | Comments(0)