人気ブログランキング |

書きぐせ

なにかを思えば書き記したくなることもあるし
そのままにしておきたいこともある
自分の中に欲求の仕組みがあって
手の届かないところでなにかをしたいとか
したくないとかを感じさせているのだろう
書きたくないときは無理に書こうなどと思わずに
ぶらぶらと歩いてみるに限る
自分の内部に向かいがちの気持ちを反転させて
外界へと五感を解放させてみる
風が頬や首筋を撫で髪を乱す
少し肌寒い外気の中をかまわず歩き続けると
道端に草木が息づきときには花咲いているのに気づく
雀の鳴き声が車の走る音に混じって聞き分けられ
ベビーカーを押した若い母たちに纏わりつく幼児が見える
動きやまない街のようすを見るともなく見ながら
ふと思い出す昨日の予想外の体調異変
垂れ篭める雲に陰る未来を予感せざるをえない
随分歩き続けて喉の渇きを覚え靴ズレさえ感じはじめて
最寄りのカフェに入って休息をとると
一瞬空白になった脳が急速に色彩を取り戻すのがわかる
光が差して言語中枢を刺激したせいだろうか
言葉があふれてきてなにかをつぶやいてしまう
それは書くことのできる言葉となって
記憶のページに書き付けられる
急ぐこともなく帰途についたが
ちょっとした足の痛みだけはつきまとって
それが言葉を生み出すのだった
書きたいという意欲が生まれてくるような気がしたが
どうしても書き記したいという衝動に達しなければ
放置しておくに限る
むやみに書くなどということはすべきではないと
まだら模様の意識とともに
気の向くままの歩行を続けてみる

by nambara14 | 2014-04-26 22:28 | 新作詩歌(平成26年) | Comments(0)