はにかみ

きょうは晴れた
あしたは曇るらしい
明後日は雨らしい
明々後日は台風が来て
明々々後日は台風が去って
明々々々後日は快晴になるという

秋は虫の音
夏の蝉の声を引き継いだ
冬は厳しい寒さが襲うそうだ
春は、まだ遠い

振り返れば
青い空に白い雲が浮かんでいる
思い出せば
どしゃ降りの雨の中を
前のめりに歩く人影が見える

そのうち 台風が過ぎたころ
あのひとを誘って
高台にあるレストランに行ってみよう
はるか遠くに大きな船が見えるだろう
その向こうに
七色の旗がひるがえっているだろう
そのずっと向こうには
はにかむ子供の顔が見えるようだと
囁いてみよう
[PR]
by nambara14 | 2013-09-17 15:39 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)