人気ブログランキング |

言葉を取り逃がした日



     言葉を取り逃がした日



ずっと黙っていたら
だれかがおいと叫んだ
うんと答えようとしたが
だれも見当たらない

空耳は悪い兆候だから
もう一度確かめてみたが
少なくとも家の中には
人影はない

テレビをつけると
これでもかとばかりに
ざわめきがこぼれだしてくる
いったいなにがおもしろいのか

ひとりで新聞を広げると
かしゃかしゃする音がやけに大きい
髪の毛が床に落ちるのさえ聞こえそうだ
電話が鳴ったら仰天するだろう

台所から焦げ臭いにおいがするので
あわてて見に行くと
トースターの中で細い耳が焦げている
沸かしたミルクで無理やり頬張る

濁り酒少々
水風呂浴びて
布団に横になろうとしたとき
また、おいという声が聞こえた

自分の中から聞こえるとしか思えない
おいと言ってみる
おい、おい
ハーモニーとは無縁の調子で

おい、おい、おい
次の言葉は聞こえない
自分もまた言葉を思いつかない
おい、おい、おい、おい

おいおい眠りにつくだろう
おいおい夢さえサイレント
おいおい目覚めが来るはずだ
お早うぐらい言えるかな
by nambara14 | 2012-04-24 20:28 | 新作詩歌(平成24年) | Comments(0)