人気ブログランキング |

とらわれびと


      囚われ人


グレンの空気を切って自転車をこぐひとの太もも
紫のめまいに青い酢をぶっかけて逃げていくかげろう
目の下のほくろが小人の蝿男になって透明の殻の中でうごめいている

がっちゃここん
衝撃波のエネルギーを臆病な質量に固めて
見開いた目の充血した毛細血管を冷凍保管する

拡散係数を掛け合わせて憧憬爆弾を仕掛ける
怪しげな関数を捏造して脅しを掛ける
饐えた臭いの微粒子さえ閉じ込めておく

どこかはわからないが最果てと思って進んでいく
稚拙な口笛ぐらいは吹き鳴らして記憶を呼び起こす
途中は極彩色 補色はつまずいて真っ暗闇




by nambara14 | 2011-07-24 10:43 | 新作詩歌(平成23年) | Comments(0)