快気祝い


        快気祝い


繰り返す 余震の中に ひっそりと 身を引き込めて メスの切っ先

切り傷の 募る痛みと 膿汁も 繰り返す日と 夜に癒され

治癒すれば 梅雨空さえも 晴れ渡り 闊歩する道 広がりて行く

 

[PR]
by nambara14 | 2011-06-04 21:55 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)