人気ブログランキング |

眩暈


手を伸ばす

そこからずうっと視線を延ばしてゆくと

地平線に交わる

スカイラインは複雑な凹凸があって

心の中でスケッチしようとすると

とても骨が折れる



視線を右横に走らせる

どこまでも走らせたいのに味気ないコンクリートの壁と

不ぞろいのビルの林に阻まれる

それでも意地を張ってぐるりと体を回転させる

高速道路がこんなに視界をさまたげているのだなあ

「あっ!」 自分の手が通り過ぎる女性の手に触れてしまった

ひらあやまりにあやまるしかない・・・



それでも 懲りずに 手をかざし 空を見上げる

斜めに視線を延ばしてゆく

高層ビルの屋上を越えて

とんびのように曲線を描く視線

雲に乗せる想い

「どんどん飛んでゆけ!ずっと遠くまで!」



そのとき世界はぐるぐると回りだした

不規則な回転が自分の平衡器官を狂わせる

空色と茶色の平面がひるがえり

赤と黒の平面がひるがえり

流れる模様となった平面があとからあとからひるがえる

もう目を開けてはいられない

もうこれ以上立ってはいられない

もう 自分も辺りも なにがなんだかわからない・・・









by nambara14 | 2006-03-20 15:17 | 新作詩歌(平成18年発表) | Comments(0)