人気ブログランキング |

価値観の研究第二部(その4)

16.責任

 「責任をだれがとるか?」は、さまざまな局面できわめて重要である。

 年金保険の問題で、被保険者の台帳をきちんと管理していなかったことへの責任とか、
血液製剤によって肝炎にかかった患者が発生したことへの責任とか、食品の賞味期限をごまかしたことへの責任とか、国家のレベルから個人的なレベルまで、実に多岐にわたって責任問題は発生する。

 責任はいくつかの類型に分けて考えることが出来よう。
まず、法的責任。これは、法律によって一定の義務を負っている者がその義務違反を行った場合とか、一般的に禁止されている行為を違法に行った者が発生した場合とかに、その責任を追及するというものである。たとえば、納税義務を負う者が不正に脱税したときとか、ある者が無免許で車を運転したときとかである。このようなときは、比較的責任の所在は明確なので、責任も問いやすいし、責任の取り方もはっきりしている。

 しかし、道義的責任とか社会的責任となると、それがあいまいになりやすい。
 土地買収の達人が、立ち退きを迫ってうまく立ち退かせたことにより、その一家が家庭崩壊に至り、前途を悲観した主人が自殺してしまった。というようなケースでは、法的責任は問えないとしても、やり方がえげつない場合であれば、世間からは「なにもそこまでやることはなかったのじゃないか!」というような批判を浴びるおそれがあるだろう。
こういう場合は、責任があるのかどうかも不明確だし、責任の取り方もあいまいである。

 ちいさなところでは、二人の友達にそれぞれ「あいつがきみの悪口を言っているよ!」と告げ口をしたら、ふたりがけんかをして相手にけがをさせてしまった場合など、どこまで責任をとるべきかの判断はむずかしいだろう。

 社会保険庁の問題にしても、大臣、次官、長官、局長、部長、課長、係長、係員など、多くの関係者がいて、しかも人事異動で何代もの職員がかかわってきているので、だれが責任を負うべきかの判定がきわめてむずかしいようだ。だからといって、責任追及の努力をやめてしまってもいいというわけではない。根気よく調査を続けていくことが求められるだろう。この場合も、法的責任を問える範囲とか、罰則の適用について的確な判断が求められるだろう。

 責任と一口で言っても、以上のように、事情はさまざまである。きちんと場合分けをして、事実関係を整理したうえで、だれにどれだけの責任を問いうるかを決定し、ペナルティを与えるという手続きが必要だと思う。

 法律レベル、社会レベル、その他のレベルにおけるなんらかの判断基準と判断しうる能力と権限(または権威)を持った者の存在が求められると思う。ヒステリックにならずに、公明正大な措置をとれるだけのシズテムと人材が。

 責任逃れを許さないためには、多くのひとびとの健全な協力が不可欠だと思う。























17.ニュートラルとは?

 人間関係についての難しさは今更言うまでもないが、最近、自分が個人的に経験したことをもとにすこし考えてみたい。

 (1).歯医者でのこと

 定期的に通っている歯医者がある。歯科医師は異動があるので、いつも同じ医師に診てもらうわけではない。
 最近、また虫歯が一本発見された。毎日超まじめに歯ブラシをしているぼくにはショックだった。で、どんな感じですか?と聞いたところ、糸切り歯がべろのほうから虫歯になっているとだけ答えた。もっとくわしく、どこがどんな具合に虫歯になっているのかを具体的に知りたいぼくとしては、鏡を使うとか図解するとかしてほしいのだが、一向にそういう気配がない。

 それ以上、しつこくしてもいいことはなさそうなので、追求するのはさけた。
 医師の説明不足という問題は、医師と患者の間の「説明内容のくわしさ」について見解の相違があることもひとつのポイントかもしれないと思った。もちろん、専門的すぎるとか、言葉が足りないとか、手間をかけるのをいやがっているとか、ほかにも問題はあるだろうが。

 (2).蕎麦屋でのこと

東北地方産のそばを使ったそばが好評な店。ひとりで入れば、相席がふつうだ。
ある時、ぼくがあるテーブルにすわっていると、あとから来たひとりの女性がななめ前に座った。何気なく顔を見ると、なかなかの美人。年のころは30代前半か。コートの下は白いセーター。
 内心、これはラッキーと思ったが、その女性は、会釈らしきものもなければ、笑顔もなく、こちらに対する遠慮がまったくない。ぼくがいやらしいおじさんに見えたのだとしたら自業自得だが。

 さて、このような場合、まったくこちらの存在がないかのように無視した態度をとっていることに対して、どう受け止め、接したらよいだろう?

 腹を立てるのはばからしい。やはり、そんなものだとあきらめ、こちらも相手の存在がないかのようにたんたんとそばを食べることに集中すべきであろうか?

 そういう態度をもって「ニュートラル」といえるだろうか?

 (3).電車の中でのこと

 通勤電車は押し合いへしあいだ。いろいろな人に出会う。記憶に残るのは当然いやな乗客。
 このまえは、ぼくが立っている脇に来た女性が、座席の隙間に持っていた小さなバッグを置いた。
 6人がけだったので、7人がけにすべきだという主張をこめていたようだ。
 やがて、ある駅で、ぼくのまん前の席が空いた。当然すわろうとしたぼくの前に、バッグを取ろうとする振りで、その女性がするりと滑り込み、唖然とする僕の前ですわってしまった。
 こういうひととは絶対付き合えない。こういうひとがいたら、ニュートラルどころか、遠ざかろうと心に決めた。

 (4).集合住宅でのこと

 ぼくの住む集合住宅でのこと。毎日顔を合わせてもあいさつをしないひとも多い。こちらが積極的にすればいいのかもしれない。エレベーターに乗ったときだけは、あいさつをすることにしている。
 あと、年下のひとがあいさつすべきだという古臭い考えにとらわれているのがいけないのかもしれない。若いひとたちが、毎日だまってすれ違っていくのはあまりいい気持ちがしない。しかし、時代がかわり人間関係が希薄化したのかもしれないし、いちいち腹を立てるのもどうかと思う。
あいさつもどういう場合にどういう相手にどんな感じでしたらいいのか、考えるとなかなかむずかしい。
 自然体で行くべきか?この場合は、ニュートラルというのがあてはまるか?

 (5).職場でのこと

 これまで、いろいろな職場を経験した。挨拶がよくかわされる職場もあった。逆にほとんどしない職場もあった。
 あいさつの仕方で、その職場の雰囲気はわかるような気がする。
 あいさつは人間関係の潤滑油としてとても大切だと思う。
 それでも、少子高齢化とか家庭教育の変化とか危険な人間との接触の回避とか諸般の事情により、あいさつはしない方向へ変わっているような気がする。
 家庭、地域、職場、学校などいろいろな場であいさつの仕方を教えたり、あいさつをしてみせることが必要なのかもしれない。
 人間関係の深さによって距離感を変えたらいいのだろうか。
 ふつうの相手には、「ニュートラル」ということで!



























18.議長斡旋

 ガソリン税の暫定税率をめぐる与野党の折衝が難航していたのでどうなることかと注目していたら、衆参議長のあっせんによって、一応の解決をみたようだ。

 衆議院と参議院のねじれ(多数派が異なっていること)による、法案成立の遅れは国民生活に悪影響を及ぼしているが、別の見方をすれば、徹底した議論がなされるとも見ることができる。

 いざとなれば衆議院の優位を定めた憲法により、再議決という方法もある。

 そうした中で、衆参議長があっせんに乗り出したことは、問題解決の一つの有力な手法として注目してよいと思う。

 なんでもないことのように見えるが、デッドロックに陥った問題は、第三者的な立場の者が間に立って当事者の意向を聞きながら、妥協点を探るというやり方がもっともよいアプローチだと思う。

 その意味で、今回のあっせんは関係者の知恵を感じさせるものであり、今後のよい先例となることが期待される。

 日経新聞の私の履歴書は、今月は、前FRB議長のグリーンスパンが書いていたが、彼もまた、与野党がいろいろなかたちでコミュニケーションをとることの重要性を指摘していた。

 譲りにくい立場も、だれかが仲介役になってくれれば、譲りやすい。メンツを失わずに、妥協する名目を与えてくれるからだ。

 日本の政治も経済も、不透明な時期にある。こういうときこそ、日本人の英知を集めて、前向きに協力していくことが必要だと思う。

 だれが考えたのか知らないが、衆参議長の役割と努力に敬意を表したい。

 

19.生老病死

 いかに生きるかとか、生きるための最低条件とか、生きるための努力とか、生きるための競争とか、生きるための戦いとか、生きることにまつわる議論はこれまでにかなり深く論じてきたが、病気や死については、かならずしも十分に論じてきてはいないことに気がついた。

(1).死について

 古今東西の歴史を振り返ると、人間が死をどうとらえるかは意外と単純ではないことに気づく。
 今でこそ、死を恐れ、死をまぬかれようと必死の努力をすることが当然であり、否定されることはないが、時代によっては、主君や王のために命を投げ出すことが潔いとされたことは多々あった。殉死とか殉教とか言う言葉は、それをよく示している。

 お国のためにとか親兄弟のためにとか国民のためにとかの大義名分で喜んで死んでいったひとびともきわめて多かった。本音がどうだったかまではよくわからないけれども。恐怖にかられたひとびとがいてもふしぎではなかっただろう。

 死にたくないという今なら当たり前の願望も、時代や社会環境によっては卑怯者扱いをされたことがあったという冷厳な事実を忘れてはならないだろう。

 死についてもやはり「価値観」があり、「死生観」というものをしっかりと考えておく必要があると思われる。だれも死をまぬかれないが、いつ死ぬかは不明確な場合が多い。そこで、殺しもまたひとつのビジネスになりえる余地が生じる。

 死ぬのが恐い、死にたくないと言うものが多い中で、死を恐れないものや死を恐れてはならないと説くものがいると、疑問を感じたり、尊敬の念を感じたり、圧倒されたりする。

(2).老いについて

 老いもまた、避けられないものだ。
 老いて、体力が低下し、病気にかかりやすくなり、社会的地位も失い、収入も減少し、外観も衰え、加齢臭や口臭も強まり、記憶力や知力も衰える。アンチエージングや不老長寿の薬や魔法に頼りたくなるのが人情だろう。だが、老いは確実にやってくる疫病神だ。しかし、老いるだけでは緊急の危機感にはつながらないだろう。やはり、危機感は、病気や怪我によって現実のものとなるだろう。

(3).病気や怪我について

 風邪のように治る病気ならあまり深刻にならなくて済むが、脳梗塞とか心筋梗塞とかがんとか命にかかわる病気にかかったときは、そのひとの人生が一変する。一般的には、死が迫ってくるという恐怖感ほど強いものはないだろう。あとどれだけ生きられるかを医師に告げられて錯乱状態に陥るものも多いと思われる。
 世界が暗く見え、精神は重く沈みこみ、いたたまれなくなって夢遊病者のように歩き回るかもしれない。あるいは、絶望のあまり、精神に異常をきたすかもしれない。泣き喚いたり、家族や他人に当り散らすかもしれない。
 医療システムは、そうした多くの病者を受け入れ措置することが求められる。体が不自由になれば、死ぬ前に介護をどうするかが重大問題になる。病者は介護者を巻き込まざるを得ないわけである。こうして、好むと好まざるとにかかわらず、病気にかかることが、大きな不安と重荷を自他共にもたらす。
 一般的には、病気になれば、医療費がかさみ収入は減る。死ぬまで生きることのたいへんさが目の前に襲ってくる。
 怪我によって骨折などをして、それが重い障害を残すことがある。その場合もまた、病気による肢体不自由者を取り扱うときと同様の問題が生じる。ただし、死ぬおそれについては、差し迫っていない場合もあるかもしれないが。

(4).自分に死がせまったときの対応について

 死期が迫ったと思われるときに、どのように対処すべきかは、簡単には論じられない。
 哲学や宗教にもかかわる深遠な問題だと思うからである。
 しかし、現在のごくふつうの人間の立場から見れば、死の恐怖感は、重すぎて正常な感覚では受け止めることは出来ず、おろおろしてそれこそじたばたすることが予想される。そういう情けないような、覚悟仕切れないような、泣き喚くような、ありのままな感情をすなおにあらわしていいのだと、そう考えたい。潔く死んでいくことがかっこいいのだなどと考えなくなった多くの現代人の本音を肯定するような軟弱さを認めようじゃないかとお互いに言えればいいと思う。

 死にそなえて、遺言を書いたり、さまざまなことを整理しておくことは必要だろうが、死ぬ覚悟などできるはずがないのであって、死ぬ覚悟ができなくても決して恥ずべきではないということをはっきりさせておくのは、ひとつの重要な社会的知恵だと言ってよいのではなかろうか。




























20.健康法

 人間は一般的には長生きしたいと思うだろう。

  不老長寿の薬とか長生きの秘訣とか加持祈祷とか歴史をさかのぼると、さまざまな生への執着事例が見られる。

 運命は過酷でいたずらだから、現実は想像を絶する数奇な生老病死の列伝であり博物館である。

 ピラミッドもミイラも始皇帝の兵馬俑も古墳も永遠の権力といのちへのあくなき欲求のあらわれだとみることができよう。かの藤原道長は病に冒されたとき、長寿を願ってひたすら念仏を唱えたという。

 現代文明のもとで、人間の命はどこまでわかったのか?

 素人向けの医学書もたくさん出版されているので、目をとおしてみると実に参考になる。

 情報はたいせつだと思う。特に、最新の科学的な情報が。

 そういう情報をもとに「健康法」を一口で言えば、

(1).バランスのとれた食事

(2).適度な運動

(3).ストレスの解消

 の3つに集約できると思う。

 それで、気になるのは、「ストレスの解消」ということだ。

 これは肉体と精神の両方の要素があるように思える。

 精神作用については、脳の物理的な作用だとらえるのが有力な考え方だと思うが、精神が肉体と独立して存在しうるかどうかについては現在でもなお完全には証明できていないらしい。

 それはともかく、気の持ちようで人間の体の健康が左右されるというのは面白い。
 特に、免疫力に大きな影響を与えるらしい。

 笑う門には福来る・・・というのは実に科学的に見ても真理である。

 笑えば、免疫力も高まり、病気にかかりにくくなり、健康になる。健康になれば、やる気も出て、公私共に充実した毎日を送れる。長生きもできる。

 科学万能の時代を迎えたように見える現代社会においてもなお精神世界が重要な役割を果たしているというのはふしぎなことだ。

 考えてみれば、この宇宙の生成や生命の誕生など、謎そのものなのだから、人間の存在やいのちが謎に満ち満ちていてもなんら不思議ではないのかもしれないという気もする。

by nambara14 | 2009-09-14 20:21 | 論考「価値観の研究」第二部 | Comments(0)