人気ブログランキング |

価値観の研究第二部(その10)

45. 老いることは悪いことか?   
               
  古ゆ 人の言いくる 老人の 変若つといふ水そ 名に負ふ滝の瀬
                 
                     万葉集 寒6-1034


(1). 古来、不老長寿の薬が求められ、若返りの秘術が追究され、アンチエージングの方策が探られてきた。

 若さや青春は美しいが、それを過ぎれば取り戻すことはできず、衰えた体力や容色を嘆くことが繰り返されてきた。

 それでは、「老いること」はデメリット、マイナス面だけをもっているのだろうか?

 たしかに、年をとれば、体力は落ち、視力は衰え、聴力も低下し、記憶力はおどろくほど悪くなる。運動能力も落ち、瞬発力、持久力、柔軟性などどれをとってもがたがた低下する。脳や神経系統、血管、臓器、筋肉など、すべてのからだの部位が老化し、衰える。

 皺やしみがふえ腰が曲がり、のろくさと動くようになる。話も通じにくくなる。食事も好きなだけ食べられなくなる。

 ああ、なんという運命、悲しい定めだろう。ひとはだれも、死に向かって枯れていくしかないのか?

(2).おそらく、「老い」のプラス面を挙げるのは難しいだろう。しかし、高齢化社会において、「老い」の価値をしっかりと考察しておくことは意味があることだと思う。

 思いつくままに挙げれば、

① 経験が豊富になること。
② 知恵がつくこと。
③ 知り合いがふえること。
④ 洞察力が身につくこと、
⑤ 若者を指導できること。
⑥ 過去のことを経験者として語れること。
⑦(財産や地位や人脈があるひとについてだが)影響力があること。

 などがあるだろう。

 やはり、アグレッシブに活躍できる世代よりは、魅力は劣るなあ、というのが冷静に考えてみた結論だが、老人は謙虚に相対的価値の低下を自覚し、受け入れ、身の程に合った生活をすることが必要なのだろう。全盛期の栄光にこだわっていると、他者にきらわれるだけだ。

(3).老いはだれも避けられないが、老いの持つ悲しい運命を淡々と受け入れ、遠慮気味に生きていくというのが、ひとつの知恵かもしれないと思う。

 「老い」は重大なテーマだが、明確に「老いの価値観」を提示するのは難しい。過去においても、現在においても、ひょっとすると未来においても、人類は「老い」に苦しみ続けなければならないかもしれない。中には、楽観的な老人もいるだろう。くよくよせずに老後をできるだけ楽しく生きている老人を見習うのも一法かもしれない。

 わたしも、還暦を迎えたところ。老いはまさに自分にとっても直面しつつある大問題である。













46.選択するということ          


(1). 人生の各段階で、ひとは、さまざまな決断を迫られる。
 幼いうちは、親などの後見人が決定を下すだろうが、成長するにしたがい、自分の決断というものが必要になる。
 たとえば、中学、高校、大学などの受験。留学。職業選択。採用試験。転職。結婚。住居。その他重要度は異なるが、大小さまざまな決断を強いられるのが人生だろう。

 できるだけ他人任せにして決断をしないようにするという生き方もあるだろう。
また、なんでも自分で決めるという生き方もあるだろう。

 しかし、きょうなにを食べるかというようなことも決定を迫る。パートナー任せというひともいるだろうが、独身などではなんらかの選択をせざるをえない。

 衣食住など、日常生活の選択は死ぬまで続く。意識を失った場合などは除いて。

 ということで、人間は、ごく幼い段階から、選ぶ訓練をつまされることになる。

(2).では、具体的にどのようなことが選択の知恵として考えられるだろうか? 

① 受験
   
    自分の能力と適性を考慮して、おおまかな進路を決定する。
   できれば、将来の職業についてある程度の方向性を持つとよい。
   親や先生や友人や先輩や親類などに相談するのはいい方法だ。

② 職業
 
    自分の能力、適性、資格、希望、やりがい、収入、職場環境などを総合的に判断して、選ぶべきである。
  組織に入るか、個人でやるか、将来を見越してひとつのステップとして選ぶか、一生の仕事と考えるか、なども考慮に入れるべきだ。
  入社試験などについても、きちんと対策を講じるべきである。模擬面接なども積極的に活用したほうがよい。
 結果として、希望の職業につけるとは限らないが、腐らずに努力を続ければ、道は開けることが多い。

③ 結婚
  
   結婚相手をさがすのも人生の重要事項のひとつである。縁は異なものなので、普遍的な対策はないような気がするが、真の意味で自分を磨き、真剣に相手を求めれば見付かる確率は高いと思われる。相性や運もあるから、失敗例もないわけにはいかないだろう。絶対的な保証はだれにもできない。

④ 日常生活
 
   衣食住などが代表的だろう。家は生活の基盤だから、所得や家族構成や優先要素などを考慮して決める必要ががる。衣服は、ファッションへのこだわりの程度と予算に応じて、選べばよいだろう。よきアドバイザーがいることが望ましい。
 食は日々の暮らしのメインテーマである。自分で作るか、家族の誰かが作るか、外食か、惣菜を買ってきて家で食べるか、ひとそれぞれだろう。とにかく、日に三度(程度)は、なにを食べるか決める必要がある。人生における決断回数では最多の要素だといえようか?

⑤ その他

  自由時間になにをするか?
買い物、スポーツ、映画、コンサート、旅行などの外出。
読書、テレビ、CD鑑賞、パソコンなど家で行うこと。
 いろいろあるだろう。そのつど決断をしなければならない。

 おそらく、決断するに際してたいせつなことは、次のようなことだろう。

① 大小さまざまな決断をしなければならないことを覚悟しておくこと。
② 決断はひとつひとつ着実に行うこと。
③ ひとりで決断がむずかしいときは、他者に相談したり、任せること。
④ 決断の結果が悪くてもくよくよせずに、次の決断に移ること。
⑤ 最後は、運任せにするしかないと人間の限界を思い知ること。

 どうか多くのひとびとが人生の各段階で的確な決断を重ねて少しでも幸福な人生を歩まれることを祈りたいと思う。





























47.アラサー、アラフォーについて  

(1).最近、テレビドラマがきっかけとなって「アラサー」とか「アラフォー」という新語が生まれた。アラウンド・サーティーとかアラウンド・フォーティーの略で、英語で「おおよそ30」とか「おおよそ40」とかいう意味である。もうすぐ30歳あるいは40歳になるひと(特に女性を指すようだが)のことを指しているようだ。
 思うに、日本の歴史を振り返れば、かつての人間は30代あるいは40代で死ぬのが普通だった。50代まで生きれば御の字だった。それが、医療の発達、食生活の改善、衛生状態の向上などの理由で人生80年時代を迎えるに至ったのである。おまけに女性の高学歴化や社会進出が進んだので、結婚しない女性や出産しない女性の割合もふえた。育児や教育や住宅などに回せる時間やお金が窮屈になったのも一因かもしれない。
 いずれにしても少子高齢化といわれるように社会構造が大きく変化したのを受けて、30歳、あるいは40歳になろうとしてもなお独身である女性が増加し、そういう女性たちの現状や心理を取り上げたドラマがヒットしたのだと思われる。

(2).「そもそも人間は結婚して子供を生むべきなのだろうか?」という問いはばかげているだろうか?いやそうとも言えない。
「ひとの生きがいとはなにか?」ということについては、既に述べたが、当たり前と思われている人間の行動もよく考えてみれば当然とは言えないものも多いと思われる。
 国によっては、若年人口が圧倒的に多く、むしろ若者の教育、医療、就職、犯罪防止などが重要な問題になっており、日本とは異なる社会問題に直面していることを忘れてはならないだろう。
 日本について言えば、出生率を上げて、人口の激減を抑え、財政的・経済的・社会的安定を図ろうと努めているが、なかなかすんなりとは行かないように見える。
 国家や社会の安定を目指す立場からは、「人間は結婚して子供を生むように作られているのだから、そうすべきだ。」との考えのもとに、保育園・幼稚園などの拡充、助成策の強化などの努力を続けているようだ。
 それでは、独身で通そうと考えている女性たちをどうとらえ、どういう支援をすべきだろうか?答えは簡単ではない。場合によっては、結婚は「出会いがなければ、やむをえない。」と割り切らざるをえないこともありうるだろうが、一生をどのように過ごしたらいいかについてのモデル的なライフプランを示したり、老後の過ごし方、最期の迎え方などもアドバイスがなされることが望ましいと思う。貯蓄や年金や保険といった資金面からのアドバイスも有効であり、不可欠だと思われる。

(3).人生80年時代にあって、なにも30歳、40歳目前の女性たちだけが大きな問題をかかえているわけではない。ゼロ歳から80歳まであるいはそれ以上の高齢者まで、それぞれの世代に応じてそれぞれ特有の問題を抱えているといったほうが適切だろう。公的な施策は、世代ごとに適切に講じられることが望まれるとともに、当人の自主的な努力もまた不可欠だと言えよう。
 「人生をいかに送るか?」という根本問題には、絶対的な正解はないが、それぞれの国や地域ごとに、最適な方策を見出して、きめ細かな対策が講じられることしかとるべき道は無いような気がする。
 アラサー、アラフォーも、そういう意味で、今の日本の社会構造の特色のひとつを明確化し、多くのひとびとに問題のありかを示したところに意味があったと言えるかもしれない。





















48.アンケート調査の位置づけ       

(1).すべてのことに対して科学的なアプローチをしたいと思うのは基本的には妥当な姿勢だと思う。しかし、自然科学のようなジャンルならいざ知らず、社会科学のように人間の心理的な要素が絡んでくると、完全な客観的・科学的アプローチをとるのはきわめて困難だ。

 たとえば、ある道路を作るかどうかとういう政策決定をするときに、利便性とコストを比較して、その効用が大きい順に優先順位をつけるというような方法がとられている。

 道路を作れば移動時間が短縮できて、ひともものも効率よく動けるようになる。生産性が向上し、利益が増加する。飲食店やみやげ物屋がもうかる。消費も拡大し、生産も拡大する。所得がふえれば生活も豊かになる。反面、環境は悪化する。排ガス、騒音・振動などによる健康被害や生活環境への悪影響。場合によっては、交通事故もふえるかもしれない。景観がそこなわれるかもしれない。
 そういうプラス・マイナスを数値化して比較するとしたら、さまざまなモデルや統計を用いて計算したうえで、どうしても数値化が困難な要因についての最後の手段はアンケート調査だ。単純に言えば賛否を問うことだ。さらには、騒音などは、どれぐらいなら我慢できるかとか、いくらぐらい所得がふえたら受け入れてもいいと思うか、などといって強引に数値を引き出してしまうといった例もある。

 (2).政党支持調査などもアンケート調査、世論調査もある意味ではアンケート調査だ。
消費者の購買行動や進路、余暇時間の過ごし方、外国に対する親近感、将来への見通し、環境や福祉への注文などアンケート調査のテーマは枚挙に暇が無い。
 アンケート調査はそれなりの意義があることは認めるが、安易にその結果を信じることには危険が伴うと思う。
 なぜなら、アンケートの質問表の内容や対象の選び方、調査の仕方、ヒアリングを実施する者の特性、回収努力などによって、結果には大きな差が出てくるおそれがあるからだ。特定の者に有利になるように政策を誘導するための方策として使われることを防ぐ必要もある。しかし、それはなかなかむずかしい。
 
(3).アンケート調査結果を見るときに注意すべき点をいくつか挙げれば次のようであろう。

① 実施主体はだれか?
② アンケートの目的・内容は妥当か?
③ アンケートを実施するスタッフはどんな者か?
④ アンケートの結果の評価方法は妥当か?
⑤ アンケートに利害関係者がどのようにからんでいるか?
⑥ アンケート調査を用いる必要性があるか?
⑦ アンケート調査の持つ限界をどのように意識しているか?
 
 いずれにしても、さまざまな場面で、今後とも、アンケート調査は活用されるにちがいない。だが、この方法には、それなりの問題をはらんでいることを関係者及び一般国民は知るべきであろう。便宜的なものが権威を得すぎないように。結果に問題があれば、調査の内容や方法を見直したり、再調査して、すこしでも調査内容を改善する努力が続けられるべきものと思う。





















49.革命とはなにか?      
                            
 (1).人類の歴史を振り返るとき、紆余曲折はあるものの、大きな流れとしては、人類は、基本的人権が尊重され、平和で豊かな社会に向かって前進しているように見えるし、そう信じたい。
だれもが平和な世界を望むはずだが、現実は、世界のどこかでは戦争と紛争がとめどなく遂行されている。
 当事国による外交努力も、国連などによる国際的な調整も以前よりは、進歩した面が見られるが、それでも、武器は使われ、戦死者は日々発生している。
 言論だけでは問題解決はできないのか?
 武力が不可欠なのか?
 残念ながら、現実を見れば、そのとおりだと言わざるをえない。
 ルールを守ることの重要性を認識しながら、あるときは暴力でルールを踏みにじる事態が発生する。
卑近な例が、「テロとの戦争」だろう。従来の法解釈では、戦争は国家間の争いだった。それが、テロを遂行する勢力とそれを支援・容認する勢力や国家をひっくるめて、戦争の対象と捕らえたのは、まったく法令無視あるいは超法規的な解釈であったと言えよう。
 9.11事件当時、憲法学者でもある土井たか子が、アメリカの対応に法律的疑問を投げかけたのは頷けることだったが、その後はしぼんでしまった感がある。
 これは、一種の「国際的革命」であったと言えるだろう。つまり、従来のルールを暴力によって否定し、新たなルールを制定したととらえるとすればのことだが。
 しかし、日米の同盟関係をかんがみれば、日本がこのことをあげつらいアメリカを非難することには政治的なマイナスがあるという判断がなされたのはやむをえないという見方も可能だろう。
 言論によって紛争を解決しようとする国際的な合意はないとすれば、戦争を含めた紛争解決のシステムが構築されているということだろう。国連安保理はどこまで、その重責をはたしているのだろうか?評価がむずかしいところである。

(2).フランス革命とかロシア革命が代表的な革命だったと言えようが、ここでは、マルクスの業績の今日的な意義をレビューしておこう。
 言うまでもなく、「資本論」を著したマルクスが世界に及ぼした影響は絶大なものがある。労働価値や搾取というとらえかたはまさに天才的な洞察力を示したものだ。
 しかし、労働者階級が搾取を逃れるには、暴力しかないと断言したことには異論もありうるだろう。時代も変わり、社会のあり方も変った。21世紀の現在においても、なお、今後目指すべき社会を実現するために、暴力的な革命が不可欠なのか、見直す意義は大きいと思われる。
 それと同時に、核兵器の開発や保有についてのレビュー、戦争の遂行方法についてのレビューも引き続き行っていく必要がある。
 治安の維持という観点からは、法的な裏づけと絶対的な実力を備えた組織があることが望ましい。つまり、国連警察や国連軍の強化、さらには、地球がひとつの国家としてまとまり、地球国家が治安を維持するところまでいければ、前進が見られると思うが、さまざまな人種や宗教や国土や利害関係や価値観の錯綜する国家間で容易に合意形成ができるとは思われない。
 当面は、秩序を維持するための努力を国際的な協力・協調のもとに推進するということしか選択肢はないような気がする。
 いずれにしても、「革命」は「暴力」衝突による権力闘争の典型であり、暴力が社会にどんな意味を持ち、位置づけられるのかということについて、ひとつの大きな示唆を与えると思われる。言論による紛争解決を優先させながら、いかにして暴力が社会を改革するのか?重大な問題であるし、「戦争」と並ぶ大きなテーマであるといえよう。
 あまりに大きすぎてどのようにアプローチしてよいかさえ見出しにくいというのが本音ではあるが、人類が地球に生き続ける以上は避けて通れない問題だと思う。














50.世界は今?
     
 価値観の研究第二部もこれで50篇目。これをもって一応の区切りとしたい。
しめくくりとして、世界の現状を概観した上で、価値観の共存の重要性を再確認したいと思う。

(1).世界の現状

 昨秋、百年に一度の世界的不況が発生して半年余、国ごとに、また、国際協調により、さまざまな対策が講じられてきているが、現時点では明確に景気回復の兆しまでは見えていないと思う。しかし、これから、徐々に回復に向かうと信じたい。
 言うまでもなく、アメリカが世界最強である。今の世界はアメリカを中心として、EU,ロシア、東アジア、アセアン、中央アジア、南アジア、中東、中南米、アフリカ、オーストラリアなど、さまざまな地域や国家が、政治的、経済的、宗教的、文化的等々の友好関係や対立関係を構築して、複雑なかたちで協力したり、争ったりしている。
 日本は、日米関係を基本としながら、幅広い友好関係を築こうとしている。それでも、さまざまな摩擦や争いや危険が襲ってくるので、それらに的確に対処することが求められる。日本は、すこしずつ世界の中での地位を低下させているとはいえ、まだまだ小さな大国としての影響力は有していると言えよう。
 国民が協力して、最適な方向を選んでいくことが必要だと思う。国会も、行政も、司法も、民間も含めて、英知を結集し、歴史的な大きな転換点をうまく乗り切ることが求められている。

(2).価値観の共存に向けて

 世界には、多くの国家があり、政治体制、軍事力、民族、宗教、歴史、文化、自然、気候、国土、資源、言語、利害関係などが多岐に渡っている。そういう複雑な関係が入り組む中で、世界各地で大小の紛争もあとをたたない。
 日本に直接かかわることだけでも、北朝鮮のミサイル発射、拉致問題、北方領土問題、中国や韓国との領土領海問題、ソマリアの海賊対策など解決困難な問題は数多くある。
 国連などの国際機関や各国の支援により、紛争が解決される例もあるが、多くは解決の見通しが立ちにくかったり、最悪のケースでは泥沼状態が続いたりしている。それでも絶望せずに粘り強く解決のための努力がなされる必要があることは言うまでもない。
 そのためにはさまざまなチャンネルでのさまざまな関係者におけるコミュニケーションが求められるわけだが、その場合、忘れてはならないことのひとつが、おたがいの価値観を尊重しあうという基本姿勢であると思う。異なる生活習慣や宗教を持つ国家同士が相互理解や信頼に達するのは容易なことではない。利害が対立すれば、安易な妥協はできない。外交交渉が決裂すれば、武力衝突もありうる。それでも、その時々で最善の解決策を見出そうとする努力こそが人類を明るい未来へと導きうるのだと思う。
 お互いの違いがわかり、尊重しあえること。可能な限り、殺し合いを避けて、共存共栄を目指す知恵をしぼること。きょうも戦地でいのちを失っている戦士がいる。その苦しみ・悲しみを恨みから希望に変えて、平和で豊かな世界の実現に向けて、全世界が協力することができたら言うことはないのだが。

最後に、国際、国家、地方、組織、地域、個人さまざまなレベルで、価値観の違いを学ぶ努力を続けることを提案したいと思う。明日の地球の平和と人類の幸福のために!

by nambara14 | 2009-09-14 20:06 | 論考「価値観の研究」第二部 | Comments(0)