人気ブログランキング |

やむなし=短歌



           やむなし

  
  この道の 越え行く山と たどる谷 だれも知らない 集落に消え

  おいしいと 口つけて飲む 岩清水 扁桃体へ 深くしみこむ 

  ほかならぬ きみさえ見えぬ 導きの 微弱な印 ひとり見るかと


by nambara14 | 2009-08-17 20:15 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)