人気ブログランキング |

影武者=詩


  
     影武者


百三十七枚のシートを
なんどもパラパラさせると
無意識に映像が動き出す
はじまりからおわりまで
あるいは任意の部分から任意の部分まで
再生 早送り 巻き戻し 一時停止
自由自在に行えるようだ

はじめはなにもない
やがて一点が膨張して
高温高圧の球になりすべては溶け合っている
冷めると散り散りになった塵が結びついて
暗く晴れあがった空に無数の星が生まれる
膨張を続けて今は大きささえ想像できないぐらいだが
最近になって誕生した小さな星の上で
極々最近になって生まれたいのちの活動は目をみはるものがある
パラパラもそのへんで停止したくなる
たった一枚のシートに膨大な生物と無生物のすべてが記され
読み終わる間もなくパラパラはめくられる

ふいに地平線になにやら黒い影が現われ
パラパラの動きを背景に斜めに横切っていく
ゆったりとした侍のようなシルエット
ぐっと浮かび上がり 殺陣のようなしぐさをしたと思うと
またしずかにフェイドアウェイしていく
このパラパラを記憶したのはわたしだが
わたしがいなくなっても
パラパラは気ままにめくられ続け
百三十八枚目のシートに向かって伸びていく



by nambara14 | 2009-03-29 16:16 | 新作詩歌(平成21年発表) | Comments(0)