人気ブログランキング |

節分、立春そして・・・=詩



           即興曲 『 還 暦 』


      と と ち の残響が減衰しきれば おっと
      春風は立たねばならぬ ト短調からハ長調へ
      
      暦をめくれば はらり落ちる涙 ぬぐうハンカチは
      とうに携帯しない手の中でぶるるん ケイタイ鳴って

      五と九に別れを告げ 六と〇にあいさつを述べて
      ぐるり巡り来たのは誰の来歴 綴じ損ないの 書き損じ

      赤いものは纏わぬが 砂塵にまぎれて 盛装すれば
      晴れ渡った空に 突然 不協和音が響き渡る

      未完成のソナタ 提示したはずの主題さえ行方不明
      ままよ ヴァレンタインへの展開は危機に瀕するとも 




by nambara14 | 2009-02-06 13:57 | 新作詩歌(平成21年発表) | Comments(0)