人気ブログランキング |

裸の壁=詩



    裸の壁



風も無いのに風車が回る
変わり絵の細長い板がくるくると回転する
猛暑の中を運ばれていった兵士のシルエット
だまし絵の中へ消えていった重戦車
オセロゲームの盤側に対局者の姿は見えない
沖合いの空母から無人機が飛来する
流れ出た機械油が砂漠を黒く汚す
爆弾は破壊しつくした敵地になおも降り注ぐ
野戦病院に収容された兵士の記憶の中で
巨大なフレスコ画が色を失い
裸の壁となって立ち尽くす




by nambara14 | 2009-01-12 12:40 | 新作詩歌(平成21年発表) | Comments(0)