{きままな詩歌と小説の森}

へようこそ! 
    


「現代性」にこだわった詩歌と小説の世界をお楽しみください!



f0037553_11363824.png


f0037553_21004871.jpg

 
f0037553_21084817.jpg





f0037553_9273291.jpg

f0037553_103622.jpg
f0037553_103321.jpg

f0037553_16255258.jpg
f0037553_2012375.jpg

f0037553_1935114.jpg

f0037553_2136082.jpg
f0037553_2142791.jpg

[PR]
# by nambara14 | 2018-12-31 23:59 | プロフィール | Comments(0)


ソネット 21


W.シェークスピア


わたしとミューズとでは詩の書き方が違っている

ミューズは化粧を施した美貌に触発されて詩を書き

天さえ詩句の装飾として用いる

あらゆる美しいものをミューズが持つ美しいものとともに物語る

太陽と月、大地と海の豊かな宝石、

四月に初めて咲いた花々、

天がこの巨大な宇宙に包み込むあらゆる貴重なものなど

誇り高い組み合わせを作り出す

おお!わたしに真実を書かせてほしい、真の愛をもって、

そして信じてほしい、

わたしの愛するひとはだれよりも美しいと、

たとえ天にある金の星々のように明るく輝くことはないにしても、

噂話が好きなひとたちには噂させておけばいい

わたしは売る気がないものを褒め称えようとは思わないのだから


Sonnet XXI


       W. Shakespeare


So is it not with me as with that Muse,
Stirred by a painted beauty to his verse,
Who heaven itself for ornament doth use
And every fair with his fair doth rehearse,
Making a couplement of proud compare
With sun and moon, with earth and sea's rich gems,
With April's first-born flowers, and all things rare,
That heaven's air in this huge rondure hems.
O! let me, true in love, but truly write,
And then believe me, my love is as fair
As any mother's child, though not so bright
As those gold candles fixed in heaven's air:
Let them say more that like of hearsay well;
I will not praise that purpose not to sell.



[PR]
# by nambara14 | 2018-09-18 21:56 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 20


      W.シェークスピア


自然の手が描いた女性の顔を 

わたしが愛する男性であり女性であるあなたは持っている

そしてふしだらな女性たちの移り気とは無縁のやさしい女性の心と

それらの女性たちより明るく輝き くるくると動くけれどもふしだらではなく

見つめたものに黄金の輝きを与える目を あなたは持っている

その容姿で男性たちの視線をとらえ女性たちの心を惹きつける力を持った男性

あなたははじめは女性として創られた

自然が、あなたを創り、溺愛し、

ある物を付け加えることであなたをわたしから奪い、

わたしの意に反してある物を付け加えるまでは

だが女性たちの歓びのために自然があなたにそれを植え付けたので

あなたの心の愛はわたしのものとなり、あなたの身体の愛は

女性たちの宝物となった


Sonnet XX


         W. Shakespeare


A woman's face with nature's own hand painted,

Hast thou, the master mistress of my passion;

A woman's gentle heart, but not acquainted

With shifting change, as is false women's fashion:

An eye more bright than theirs, less false in rolling,

Gilding the object whereupon it gazeth;

A man in hue all hues in his controlling,

Which steals men's eyes and women's souls amazeth.

And for a woman wert thou first created;

Till Nature, as she wrought thee, fell a-doting,

And by addition me of thee defeated,

By adding onething to my purpose nothing.

But since she prick'd thee out for women's pleasure,

Mine be thy love and thy love's use their treasure.



[PR]
# by nambara14 | 2018-09-12 13:36 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 19

     

           W.シェークスピア


貪る時よ、あなたはライオンの爪を鈍らせ

大地にその愛しい子供たちを滅ぼさせ

凶暴な虎の顎から鋭い歯を引き抜き

長生きの不死鳥をその血で燃やす

あなたが素早く過ぎ行く時

愉快な季節と悲惨な季節を作り

足の速い時よ、この世界とすべてのその滅びゆく愛しいものに対して

あなたがしたいようにすればよい

だが、ひとつだけあなたに禁ずる極悪の罪がある

おお、あなたの時間によってわが愛する人の美しい額に皺を刻むことをするな

あなたの古ぼけたペンでそこに皺を描き込むことをするな

あなたが過ぎゆくときにもわが愛するひとには無垢のままでいさせよ

美形をその子孫に伝えるため

とはいえ、最悪の年老いた時よ、あなたはしたいようにすればよい、

あなたの悪行にもかかわらず、わが愛する人は

わたしの詩の中で永遠に若さを保つだろう。


Sonnet XIX


           W. Shakespeare


Devouring Time,blunt thou the lion's paws,

And make theearth devour her own sweet brood;

Pluck the keenteeth from the fierce tiger's jaws,

And burn thelong-lived phoenix in her blood;

Make glad andsorry seasons as thou fleet'st,

And do whate'erthou wilt, swift-footed Time,

To the wideworld and all her fading sweets;

But I forbidthee one most heinous crime:

O! carve notwith thy hours my love's fair brow,

Nor draw nolines there with thine antique pen;

Him in thycourse untainted do allow

For beauty'spattern to succeeding men.

Yet, do thy worst old Time: despite thywrong,

My love shall in my verse ever live young.



[PR]
# by nambara14 | 2018-09-10 13:15 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 18


         W・シェークスピア

          南原充士 訳


あなたを夏の日と比べてみようか?

あなたは夏の日より愛らしく穏やかだ

激しい風は五月の新芽を揺らす

そして夏はなんという短い期間だろう

時折天空の瞳は暑すぎるほどに照りつける

そして黄金の肌色はしばしば陰ってしまう

そしてたまさかあるいは自然の不規則に変わる運行経路によって

晴れた空も時にして暮れてしまう

だがあなたの永遠の夏は色あせることはない

あるいはあなたの美しさは失われることがなく

あなたが永遠の時への道筋の中で成長する時

あなたが死の影の中をさまよっているのだと死が吹聴することもない

人々が息づきあるいは瞳が見ることができる限りは

これが生きていてあなたに命を与える限りは



Sonnet XVIII


            William Shakespeare


Shall I compare thee to a summer's day?
Thou art more lovely and more temperate:
Rough winds do shake the darling buds of May,
And summer's lease hath all too short a date:
Sometime too hot the eye of heaven shines,
And often is his gold complexion dimm'd;
And every fair from fair sometime declines,
By chance or nature's changing course untrimm'd;
But thy eternal summer shall not fade
Nor lose possession of that fair thou owest;
Nor shall Death brag thou wander'st in his shade,
When in eternal lines to time thou growest:
So long as men can breathe or eyes can see,
So long lives this and this gives life to thee.





[PR]
# by nambara14 | 2018-09-10 11:37 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 17


             

           W.シェークスピア

            南原充士 訳


将来においてだれがわたしの詩を信じるだろうか?

その詩があなたの至高の美で満たされているとしても。

実際のところこの詩はあなたの人生を隠す墓のようなものに過ぎず

あなたについて書くべきことの半分も表していないことをだれひとり知る者はいないのだが。

もしわたしがあなたの目の美しさについて書き、

そして新しい詩句であなたのあらゆる優美さを表すことができるとしたら

来るべき時代の人々は、「この詩人はうそつきだ。

その天国のような筆致は地上の人間の顔に触れたことがないからだろう」と言うだろう。

時とともに黄ばんだわたしの詩集もまた

嘘つきの老人のように軽蔑されるだろう

そしてあなたの称賛を受けるべき本来の権利も

古臭い歌の間延びした韻律のような詩人の熱狂に過ぎないと言われるだろう。

 だがその時にあなたの子供のいずれかが生きていたなら

 あなたはその子供の中で そしてまたわたしの押韻の中で

蘇ることになるだろう。



     Sonnet XVII


              W.Shakespeare



Who will believe my verse in time to come,

If it were filled with your most high deserts?

Though yet heaven knows it is but as a tomb

Which hides your life, and shows not half your parts.

If I could write the beauty of your eyes,

And in fresh numbers number all your graces,

The age to come would say 'This poet lies;

Such heavenly touches ne'er touched earthly faces.'

So should my papers, yellowed with their age,

Be scorned, like old men of less truth than tongue,

And your true rights be termed a poet's rage

And stretched metre of an antique song:

But were some child of yours alive that time,

You should live twice, in it, and in my rhyme.




[PR]
# by nambara14 | 2018-09-10 11:21 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


ソネット 16


           W.シェークスピア


だがどうしてあなたはこの血なまぐさい暴君である時と

もっと強力な武器を用いて戦おうとしないのか?

そしてわたしの不毛な詩よりももっと祝福されるようなやり方で

あなたは老いと戦うための要塞を築かないのか?

今あなたは幸福の絶頂にある

そしてまだ耕されていない多くの貞淑な処女地が

あなたのために花々を咲かせるだろう

あなたの肖像画よりもっとあなたに似た花々を。

そのように命の流れを引き継ぐべきなのだ

時の絵筆もあるいはわたしの修業生向けペンも

内面の価値においても外面の美貌においても

あなたというものを他人の目の中に生かし続けることはできないのだから。

あなた自身を捧げることであなたは永遠にあなた自身を保ち続けるだろう

そしてあなたは自分のすぐれた技巧で自分を描くことによって生き続けるだろう。


Sonnet XVI


      W.Shakespeare


But wherefore do not you a mightier way

Make war upon this bloody tyrant, Time?

And fortify your self in your decay

With means more blessed than my barren rhyme?

Now stand you on the top of happy hours,

And many maiden gardens, yet unset,

With virtuous wish would bear you living flowers,

Much liker than your painted counterfeit:

So should the lines of life that life repair,

Which this, Time's pencil, or my pupil pen,

Neither in inward worth nor outward fair,

Can make you live your self in eyes of men.

To give away yourself, keeps yourself still,

And you must live, drawn by your own sweet skill.



[PR]
# by nambara14 | 2018-09-07 10:36 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)

九月へ(575系短詩)


   九月へ(575系短詩)


九月だと 思えば九月 虫に聞く

九月では 季節外れか 蝉の声

九月とは 移行の季節 気もそぞろ

八月に 思い出せない 初日の出

二対一 今年も残り 少ないと

九月へと 生き延びていく 一個人

カレンダー めくった 夏は いつ終わる?

八月は 終わった 九月は 秋の始まりか?

台風は 季語を またいで 吹き荒れる?

地球儀を 回す小さき アルタイル

夏の夜の プラネタリウム 流れ星 

宇宙儀と いうもの作る 夏休み

寝室の ルームエアコン 故障中

汗吹いて 首筋冷やす 爬虫類

逃げ行けど 逃げ切れはせぬ 天地人

眠られぬ 夜の氷柱 解かす夢

かなかなも 静まる 声の 終わりかな?



[PR]
# by nambara14 | 2018-09-01 18:33 | Comments(0)


ソネット 15


        W.シェークスピア

           南原充士 訳


この世に育つあらゆる物について考えてみると

その盛りはほんの一瞬である

この広大な舞台ではなにも上演されることはなく

ただその上にある星たちが秘密の力で瞬くことが示されるだけだ

ひとびとが植物のように成長し

ほかならぬ空によって喝采されあるいは妨害され

若い時は元気満々であっても、頂点に達すると下り始め

そうして彼らの勇姿も忘れ去られてしまうのを見るとき

この束の間の滞在という物の見方が わたしの眼前に

若い時のあなたがもっとも豊穣であることを示すとともに

浪費家の時が 衰退と争った末

あなたの若さの昼を暗黒の夜へと変えてしまうことを示すのだ

あなたへの愛のために全面的に戦ったとしても

時はあなたから若さを奪い取ってしまうので

わたしは新たにあなたを接ぎ木することになる


Sonnet XV


    W. Shakespeare


When I consider every thing that grows

Holds in perfection but a little moment,

That this huge stage presenteth nought but shows

Whereon the stars in secret influence comment;

When I perceive that men as plants increase,

Cheered and checked even by the self-same sky,

Vaunt in their youthful sap, at height decrease,

And wear their brave state out of memory;

Then the conceit of this inconstant stay

Sets you most rich in youth before my sight,

Where wasteful Time debateth with decay

To change your day of youth to sullied night,

And all in war with Time for love of you,

As he takes from you, I engraft you new.



[PR]
# by nambara14 | 2018-08-30 15:00 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)


      ソネット 14

                  W.シェークスピア                  

   南原充士 訳

わたしは星を観察して運勢判断を行うわけではないが

自分なりに天文学を身に付けている

ただ、わたしの天文学は、伝染病や飢饉や作柄などの

幸不運を占うものではなく

ひとりひとりの人生における嵐や雨や風などの予報を刻々と告げ得るものでもなく

また天に見出す頻繁な予測により

王子たちの運勢がいいものかどうかを告げ得るものでもない。

わたしの知識そして恒星たちはあなたの目から得られるものだ

あなたが自分への関心を子孫を残す方へ向けるならば

恒星の中にわたしは真と美がともに栄えるような技法を読み取る。

さもなければわたしはあなたについてこのような予測をするだろう

つまり、あなたの臨終の日は、真と美の終末の日であると。

Sonnet XIV

                      W.Shakespeare

Not from the stars do I my judgement pluck;
And yet methinks I have Astronomy,
But not to tell of good or evil luck,
Of plagues, of dearths, or seasons'quality;
Nor can I fortune to brief minutestell,
Pointing to each his thunder, rain andwind,
Or say with princes if it shall gowell
By oft predict that I in heaven find:
But from thine eyes my knowledge Iderive,
And, constant stars, in them I readsuch art
As truth and beauty shall togetherthrive,
If from thyself, to store thou wouldstconvert;
Or else of thee thisI prognosticate:
Thy end is truth'sand beauty's doom and date.



[PR]
# by nambara14 | 2018-08-30 14:23 | 翻訳詩(シェークスピア) | Comments(0)