<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

忘我

どこまでも 歩いて行ける 道あれば 気持ち先行き からだ後追う

行き暮れて 戸惑う土地の 涸れ果てて 取り出してみる 一枚の地図

 
手荷物を 一切持たず 進み行く 山勘のみの 我を忘れて

--------------------------------------------------------------------

On a road that you could walk along forever
The spirit goes before the body

The land is completely dry
Where you got lost and worried
You took out a map

Going on without baggage
Depending on the sixth sense
Sort of absent minded



 
[PR]
by nambara14 | 2013-12-26 14:02 | 五七五七七系短詩 | Comments(0)

時点

なにげない 視線の先は 無限遠

仰ぎ見る 大空かなた そのかなた 

顧みる 時点の前後 在不在

-----------------------------------

A casual look at something
Leads to eternity.

Looking up to the sky ,
Farther and farther.

Looking back to the past,
Before and after ,
Present and absent
[PR]
by nambara14 | 2013-12-25 16:12 | 五七五系短詩 | Comments(0)

冬至

道産かぼちゃは栗かぼちゃ
小豆と一緒に煮て食べた

湯船に柚を浮かべたよ
沈めて放すと浮き上がる

ゆっくり浸かるぬるめの湯
伸びきる夜をいとおしむ

思えば長いこの一年
あんなことこんなことあったなあ

ふやけた指で潰す柚
意外と肌にしみた汁

気を引き締めて立ち上がる
いよいよ深まる年の瀬へ
[PR]
by nambara14 | 2013-12-23 16:45 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)

歩み

寒風も すかしかわして 進み行く

倒れても すぐ起き上がり 歩み行く

いつのまに こんなに遠くに 来たものだ
[PR]
by nambara14 | 2013-12-11 19:39 | 五七五系短詩 | Comments(0)

師走


文字通り切り傷が重なる師走
次の言葉を飲み込んでバンドエイドを貼り付ける
次の失意をはぐらかして強がりの姿勢で歩き出す
甘い汁をすすって張り詰めた神経を解きほぐす
次の企みに手を染める前に黙想し深呼吸をする
この季節にしては暖かな滑り出し
「無用の用」という心境がゆらめく

-----------------------------------------------

     December

Wound after wound in December
Put Band-Aid on them without words
Start walking with intentional vividness
Diverting disappointment
Set the nerve loose by sipping sweet juice
Before beginning a new attempt
Meditate and take a deep breath
Rather warm as this time of year
The state of mind "Use of no use" sways





[PR]
by nambara14 | 2013-12-02 19:28 | 新作詩歌(平成25年) | Comments(0)