<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

翌日


      翌 日


いつのことか思い出せないが
浅い眠りから目覚めるたびに
あたたかなからだが手に触れた
何層もの夢が入れ替わり

呼吸のリズムが乱れて
深過ぎる淵へ落ち込んだ時
目覚まし時計がけたたましく鳴って
もうろうとした自分に追いやられた

気がかりな空模様が予報通りなら
移りゆく天気図のように冷たい雨が
あらゆる生物を濡らすだろう

何日も混濁し続ける意識の奥で
昨日出会ったカモメが
今日見かけたカモメと同一だったかどうか






[PR]
by nambara14 | 2011-11-10 13:32 | 新作詩歌(平成23年) | Comments(0)

ランダム


      カモメ


翼を広げて海面をかすめるように舞い飛んだあと
着水するとこじんまりして見えるからだを
さざなみ立つ満潮の流れに任せる中で
なにやらビニール袋のようなものを
見つけて執拗にくちばしで突っつき始めた
ゆるやかながらも上流へと上りゆくのが
飛行船から 見えるか


[PR]
by nambara14 | 2011-11-09 13:43 | 新作詩歌(平成23年) | Comments(0)

無言歌


     無言歌


しだいに涼しさの募る朝
日差しはゆっくりと雲間を進み
こどもたちの声は届かない
犬を連れた老人をずっと見かけない

フルニエのチェロを聴きながら
これからの予定を確かめてみる
ジョージセル指揮のベルリンフィル
ドボルザークのコンチェルトは

かつて難病で演奏を断念した女性の
ダニエル・バレンボイムとの
痛ましいまでに骨太の録音を思い出させる

いまここにいる自分がなにかに変わりたいと
なぜかしら望んでいるような気がしてきて
ひそかに忍び入ってくる影の音にゆらめく





[PR]
by nambara14 | 2011-11-06 10:36 | 新作詩歌(平成23年) | Comments(0)

出入り



     出入り


や っ ほ う が ら す
そ ら の  う え か ら
つ っ つ き ま わ り
こ い も み の っ た


は い ろ う が ら す
う ま れ た こ ど も
な い て わ ら っ て
た ち ま ち き え た



[PR]
by nambara14 | 2011-11-04 17:22 | 新作詩歌(平成23年) | Comments(0)

Ever after


Ever after


A lot of things happen in an instant
Too many cries are heard in the areas far away
Tears shed and wet the ground inconstant
They walk around where the homes existed on the way

A boy passes by without facial expression
A girl stops to look back into the sky of past
Old people stroll with a cane of depression
Who dare say that many people have passed

Getting worse is the situation around there
Then getting better hopefully is the unusual
Enough food and clothes are donated so far

The days are as if at a waiting circle over there
How long will it take to get back to usual
May the horrific tale end with the words “ever after”

-----------------------------------------------------------------


(試訳)

      それから


一瞬のうちにいろいろなことが起きる
遠くであまりに多くの叫び声がする
涙がこぼれ不安定な大地を濡らす
道沿いにあった家々の周りを彼らは歩く

少年が通り過ぎる 無表情に
少女が立ちどまり 過去の空のほうへ振り返る
年老いた人々が鬱屈の杖をついてさまよう
たくさんの人々が亡くなったとだれが口にできるだろう

そのあたりの状況は悪くなっている
その後希望的には事態は改善している
十分な食料や衣服がこれまでに寄せられている

日々はまるであの辺のウェイティングサークルにいるかのようだ
ふだんどおりになるのにどれぐらいかかるのだろう
このおぞましい物語が「エヴァー・アフター」という言葉で終わってほしいものだ

-----------------------------------------------------------------------------


( 注)

  "They lived happily ever after."は、童話の最後の決まり文句。
 「めでたしめでたし」というような意味。"Ever after"というタイトルの映画(シンデレラ)
 もあったような気がする。いろいろな苦難を乗り越えて最後は幸せを手に入れる
 ことを望みたい。
[PR]
by nambara14 | 2011-11-02 11:26 | 新作詩歌(平成23年) | Comments(0)

にこにこ


    にこにこ


さん さん ふる さと
もも くり かき なし 
この みち あの うた
みん なで うた おう

かん かん かね のね
おい おい なく のね
てと てを あわ せて
にこ にこ しよ うね



[PR]
by nambara14 | 2011-11-01 14:45 | 新作詩歌(平成23年) | Comments(0)