2018年 01月 03日 ( 1 )

最近の詩集評(12)

竹内美智代詩集『聲にのせたことばたち』。『詩人の聲』プロジェクトで聲を撃ち込んだ、鹿児島弁による詩篇。方言はふしぎな力を持つ。串木野が身近に感じられる。「人間なんか 沈んじょいほが うかっよ/じゃっどん とっどっ 浮きゃがっとよ/いっど 沈んと 二度目は こわなかっよ」(「筏」)。

小島きみ子詩集『僕らの、「罪と/秘密」の金属でできた本』。膨大な書物から溢れ出してくる詩人や哲学者などの言葉を深い思考により濾過し再構成して作られた詩世界は、知的パノラマとしてだけでなく、草花をこよなく愛し育てる自然愛や人間愛に裏打ちされ、観念と感情の見事な釣り合いを示している。

為平澪詩集『盲目』。手を切り落とすとか彼をズタズタに裂いたとか、衝撃的な場面が詩集全体にあふれているのだが、人が生きているということの悲喜こもごもで切実さに満ちた現実が、パワフルで的確で巧みな言葉によって作り上げられた虚構によって逆光のように浮かび上がり、怖いほどに心を揺さぶる。

[PR]
by nambara14 | 2018-01-03 21:36 | 詩集・詩誌評等 | Comments(0)